コラム

シャツインはダサい?タックインの着こなしに必要なサイズ選びとは。

更新日:

「シャツイン」で検索すると一緒にでてくる「ダサい」というワード。

「シャツイン」=「ダサい」??

上の画像を見て頂ければ分かりますが、シャツインは決してダサくありません!

ではなぜシャツインがダサいと言われるのか。。。それはシャツ選びのサイズが大きすぎるからです。

シャツが大きすぎると裾をパンツにインした時に 後ろ身頃のウエストにギャザーが寄ったり、前身頃のウエストに布がだぶつきが残ります。これだとスマートにタックインが決まりません。自分に合ったサイズを選びましょう。

首回りの測り方

シャツのサイズ選びはまず、首回りから始まります。よく言われるのが、のどぼとけのすぐ下をメジャーで測り、そこにプラス2cmを足したものがシャツの首回りになります。つまり、首回りの実寸が38cmであればサイズ40ということになります。 試着することが可能ならば、第一ボタンを留めた状態で指1本分がはいるのが目安です。

ネット等で試着が出来ないときでも大体どのサイトでも首回りのサイズは表示してあるのでそこで確認できます。

「ドレスシャツ」と呼ばれるタイプは日本で言うところのワイシャツに近く、「ネクタイあり」を想定されています。もしネクタイなしで着る事を想定しててよりフィット感を重視したいなら首回りには指1本分のゆとりがなくても良いでしょう。

他の部位とのバランス

首まわりが大きすぎるシャツを選ぶと、ネクタイをしたときにネクタイの重みで引っ張られて首元が鋭角なV字になってしまいます。これはあまり見た目がよくありません。指2本ぶんだと大きすぎる気がします。

首回りが決まれば次は他の部位とのバランスです。袖丈はジャケットの袖から少しのぞくぐらいの長さに調整。長すぎるならお直しに出すこともできます。 シャツは首回りと袖丈、または裄丈のサイズが先行しますが、バストにも実寸サイズから15-20cmのゆとり、ウエストにも10-15cmのゆとりがあった方がいいでしょう。細身の方でピッタリしたのがお好みでしたらこの限りではありません。

裄丈(ゆきたけ)=肩の中心から袖口までの長さ。ラグランスリーブなど肩先がはっきりしてないものによく使われます。

スリムフィット

イタリアブランドのシャツの多くは後ろにダーツ(バックダーツ)が入ってます。これはウエストを強調するためで、胸囲とウエストの差が多い方や、スリムなシルエットがお好みの方に向いています。

画像であげたような「スリムフィット」という細身の形のトレンドは既に定番です。自然な色気はイタリア服の得意分野です。

袖の処理は洗練した着こなしに重要です。ちょうど肘のあたりで均等に袖が畳まれているのが画像でも分かります。さらっと着ているようで細心の注意が払われています。

 手首を出す事で抜け感がでて色っぽい着こなしになることをイタリア人は分かっているのです。

自分にあったスリムフィットのシャツを選び、裾をズボンにインして首のボタンをはずして腕まくりをするだけで簡単にイタリアンスタイルは手に入ります。

つまり、体に合ったシャツであればインはダサくない。むしろ胴が短く足が長く見えてスタイルがよく大人っぽく見えるのです。

そして....弊店ではイタリア有名ブランド各社のシャツを豊富に取り扱っております。よかったら是非見てください。

-コラム

Copyright© 5分でわかるイタリア服 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.