ブランド紹介

LARDINI (ラルディーニ) イタリアンファクトリーブランドの粋

更新日:

Lardini(ラルディーニ)

花のブートニエールが特徴的な、確かな技術に裏打ちされた人気のファクトリーブランド。

ラルディーニは1978年イタリア中心部のアンコーナにて創業。世界の有名ブランドの製品を作り続け、今では400人を超える手作業による生産体制と職人による手作業を駆使した一大ファクトリーに成長しました。

LARDINI ジャケット

芯地・肩パットを使わずソフトに仕上げられた アンコン ジャケットは堅苦しいジャケットの雰囲気を感じさせず筆舌に尽くしがたい着心地の良さです。

ラルディーニのスーツ/ジャケットは、全体的に着丈が短めで肩周りやアームホールにゆとりがあり、実用性の高さとシルエットのバランスが絶妙。

実際よりもスタイルがよく見える(!)と評判です。

アイコンはブートニエール

昔は文字通り、ジャケットやスーツの襟元に花を挿していたフラワーホール。
ラルディーニはここに、花の形のブートニエールというブランドアイコンを作り出しました。
男性的な享楽主義とモダンなロマン主義を表現しているそう。
ラルディーニのブートニエールがとてもメジャーになった今なら、あえてブートニエールを外して着るのも、また粋な着こなしかもしれません。

生地選びへのこだわり

生地選びにも、長年名門ブランドのOEMを手がけてきたラルディーニの強みが現れています。
イタリア屈指の生地ブランドであるロロ・ピアーナ、エルメネジルド・ゼニア、チェルッティなどの生地を採用し、優れた縫製技術を独自のディテールをより印象付けています。

ウール100%とは思えない光沢や、見た目も着心地も爽やかなリネン混のホップサック、自然な伸縮性と優れた通気性をもつ混紡生地のこなれた雰囲気…などなど、それぞれに個性があります。製品洗い、製品染め、ハンドペインティングなどの新しい工程を採用したり、ジャケットの打ち合わせを浅くしたり、着丈を短くしたり、袖のラインを変えたり。

ラルディーニは積極的に「今」を取り入れ次の時代を見据えた、魅力的なアイテムの数々を展開しています。

-ブランド紹介
-

Copyright© 5分でわかるイタリア服 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.