コラム レビュー

秋にベージュのコートはどうでしょうか。

更新日:

暑い夏が終わって、Tシャツや長袖のシャツの上になにか羽織るものがほしい、そういう時に何を着ましょうか。

必要が無い時は雑に丸めてバッグの中にしまえて、シワにもならずに(もしくはシワになっても大丈夫な雰囲気で)軽くてそれでいて人に会う時に恥ずかしくないような…

定番の黒やネイビーのジャケットもいいですね。 何に合わせてもシックにまとまります。

では、ベージュのコートはどうでしょうか。

子どもっぽいとか、逆におじさんぽいと敬遠する方もいるかもしれません。

もしくはOLっぽいとか。(ベージュのトレンチコート着てる女性多いですよね)

周りを見回すと、男性でベージュのコートを着てる人って意外と少ないんです。

でも、ベージュは人を優しく見せる色です。

ギラギラとした太陽が陰り、初秋に着るベージュは、まさに秋の日差しのような柔らかさがあります。

街がダークトーンに染まっていく中、例えば、チノパンにTシャツにベージュのコートは、力が抜けていて上品に見えます。日に焼けた肌にバカンスの名残も感じさせる、余裕のある大人のスタイルです。

ファッションの進化が一番現れるのがジャケットやコートなどのアウターです。ブランドは日々研究を重ねていますので、旧来のイメージで接するとその軽やかさに驚きます。

コートは人の目が一番行くところでもありますし、投資する価値があります。例えば脱いだときに一番目につく襟や胸の内側のブランドタグ。ここのタグで全体の印象が決まることもあります。

雑にカバンにいれたコートのタグがショッピングセンターにあるような量販店でなく、例えば、イタリアの「ヘルノ」だったりしたら、普通とは違った人物像が浮かんできませんか。

-コラム, レビュー

Copyright© 5分でわかるイタリア服 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.