youtube お知らせ ブランド紹介

何もないけど、「伝わる」。BOGLIOLI (ボリオリ)のモダン&クラシック

更新日:

2019年にイタリアの名門サッカーチームACミランとスポンサーシップを締結して、選手たちの移動時のスーツがボリオリになったことで話題になった、これぞイタリアなブランド、 BOGLIOLI (ボリオリ)の魅力について語ります。

ACミランとボリオリの共通点は「エレガンスと情熱 」

BOGLIOLI(ボリオリ)の歴史

2020SS コレクションより

1890年代にPiero Boglioli(ピエロ・ボリオリ)がたちあげ、息子、孫とイタリア伝統の仕立て技術が受け継がれてきたボリオリ。世界的にその名が広まったのは、1972年に3代目のMario Boglioli(マリオ ・ボリオリ )が就任してから。

1987年、ボリオリははじめてピッティウォモ(ミラノで年2回開かれる大規模な展示会)に出店、バイヤーたちににその名を知られていきます。2000年には K-Jacket を誕生させ、旋風を巻き起こしました。

K-Jacket(ケージャケット)

2000年に誕生した、ボリオリのK-Jacketは、メンズファッション界のターニングポイントと言えるものです。 ビンテージ感のあるカシミアで作られたくったりと柔らかい、芯地の無いジャケットは、それまでのパワージャケットにはない新鮮さを持ち、 メンズの背広がまるでカーデガンのように扱われることに人々は驚き、ファッション界を震撼させました。

シルク100%のK-Jacket

COAT(コート)

アンコン(非構築)なだけでなく、ガーメントダイという、製品を作ってから染めをほどこすことで、デニムのようにシワや色落ちの経年変化すら楽しめるジャケットは、それまでのメンズファッションにはないものでした。COAT(コート)はジャケットのモデルで、コットンを多く素材に用い、ガーメントダイで加工したモデル。このCOATとK-Jacketをもって、ボリオリは一気に世界的なブランドに。

BOGLIOLI の美学

今や当たり前の「ジャケパンスタイル」もボリオリの存在があってこそ、と言えます。

背裏のなく、芯材がまったくはいってない 一枚仕立てのジャケット、そんなシンプルなジャケットがここまで支持され、ボリオリが憧れのブランドで居続けるのは、伝統と革新のバランスの良さ。 「クラシック&モダン」 をテーマにかかげ、1890年代のブランド開始より、生地から開発し、メンズスーツやジャケットを仕立てていくという誠実なビジネスと、革新的かつ生活に根差したクリエイティビティが合わさり、「ボリオリ」が生み出されます。

ボリオリのジャケットは、イタリアの若者たちが祖父や父のお古のジャケットを素敵に着こなしていることに着眼して生まれたものです。

DOVER(ドーヴァー)

2008年には、3パッチポケットを持つDOVER(ドーヴァー)も誕生。エレガンスさを失うことなく、男性を古典的なイメージからより解放して、制約の少ないファッションに近づけることに成功しました。

SFORZA(スフォルツァ)

SFORZA(スフォルツァ)

SFORZA(スフォルツァ) は、DOVERをベースにした「ALTON」の後継モデル。 「DOVER」のショルダーを少しコンパクトにし、着丈も若干短く仕上げたスリムなデザインを採用。全体的にコンパクトで、肩や胸周りに薄く芯地を入れることで、より立体的でメリハリのあるフォルムとなり、ブリティッシュトラッドな雰囲気の漂う、男性的なシルエットを持ちます。

BOGLIOLI の魅力

こちらのyoutubeで弊店スタイリストが話してる通り、

  • 大人の余裕を感じさせる「こなれ感」
  • さりげない
  • 無理をしていないのにエレガント
  • シンプルに着るだけでその人の魅力がにじみ出る
  • ポイントもなく、なんということもないのに伝わる
  • くたっとした感じが粋
  • 佇まいに憧れる

そういったところがボリオリの魅力として挙げられます。分かりやすいアイコンやモチーフがあるわけではない、何もないけど、「伝わる」。使い込んで自分に馴染んでいく過程も楽しい、愛着が持てるそんなボリオリのジャケットとスーツです。入荷した商品は9月末から順次サイトにアップしていきますのでぜひご覧ください。

-youtube, お知らせ, ブランド紹介
-, ,

Copyright© 5分でわかるイタリア服 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.