コラム

おしゃれには2つのタイプがある。

更新日:

おしゃれな人は2つのタイプがあると思います。

普通「おしゃれな人」というと「服が好きな人」だと思われるかもしれません。でも実は服自体が好きな人ってそれほどいないのではないかと感じます。流行に頓着するかしないかは別として、自分の目線だけで服装を選び、自分が好きな服を自分なりに着こなすことに喜びを感じる人というのは。

そういう人は、人からどう見られるかはあまり気にしてなくて、自分が満足すればいいタイプのおしゃれな人です。

おしゃれに関心のある大人の男性の多くがもうひとつのタイプ、つまり自己満足ではないおしゃれが必要な人です。

この人たちは、おしゃれは他人に見られて完成すると考えています。

服装は表面にすぎない。そのことは承知のうえで、服装が与える印象の大きさを知っているためです。

多くの人にとっておしゃれというのは「おしゃれな人に見られたい」ということとイコールです。そして、外見から内面が伝わることを期待します。なぜなら、内面というのは見えないから。

で、あれば、そこで考えたいのは「どんな人に見られたいのか」ということ。

「仕事ができる人」「余裕がある人」「若々しい人」「セクシーな人」色々な『こう見られたい像』があるでしょうが、一般的に言ってビジネスやプライベートで「信用できる人」に見られたい方が多いのではないでしょうか。

ゴテゴテと飾らなくても、シャツにパンツだけでその人の内面が表れるような。大人の男性はそういうシンプルな着こなしがさまになるのです。

大人の男性が持つ包容力や優しさ、そんな内面の人間力が伝わるようなおしゃれをしたいと思います。

photo by pinterest
photo by pinterest

-コラム

Copyright© 5分でわかるイタリア服 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.