ブランド紹介

バランスの良さが絶品。ORIAN オリアンのシャツには「今」がある。

更新日:

セレクトショップでここ数年よく名前を聞くようになったシャツブランドと言えば「ORIAN(オリアン)」。

人気のわけは、そのバランスの良さ。過剰な装飾はなし、しかしシンプル過ぎず、着る人の個性を引き立たせる点にあります。流行すぎず、クラシック過ぎず、価格と品質のバランスもグッド。ノームコアなファッショントレンドもおさえて世界中にファンを増やし続けるオリアンのシャツとは。

オリアンの歴史

オリアンは Gian Gaetano Orian(ジャン・ガエターノ・オリアン)により創設されたシャツブランド。イタリアの名門シャツブランド、 GUY ROVER( ギローバー )出身のオリアン氏は、1990年に北イタリア・ ヴェネト州にあったシャツ工場を買い取り、自身の名前を冠したブランドを立ち上げました。

ギローバーを独立したオリアン氏が目指したのは、シャツ職人の手仕事と近代的な方法の融合。伝統的に培われた職人の勘をマシンメイドによる生産体制に落とし込むのに成功した結果、コストパフォーマンスと品質に優れたオリアンはあっという間に人気ブランドになりました。

オリアンの仕立ての特徴

過剰な装飾を排除してもカジュアルになり過ぎないオリアンのシャツの秘密は前立てにあります。

ボタンダウンシャツなどカジュアルなシャツに特有の、プラケットフロントと呼ばれる、前立てを2重にして縫い目のある仕立てに対し、オリアンのドレスシャツは前立てのない仕立てが採用されています。

これはフレンチフロント(裏前立て)とよばれ、フランスやイタリアのシャツによく見られるスタイルです。

装飾のない、すっきりとした見た目が、ドレッシーでエレガントな印象を与えます。 主張せず自然なエレガンスを表現するそのシャツは、サイジングも穏やかでタイト過ぎず、「今」の空気感が見事に表現されています。

繊細すぎないのでお手入れの必要も特になく、時間とともに「愛用のシャツ」として馴染んでいくのが楽しめます。

様々なスタイル

弊店で取り扱う、2019年春夏新作のモデルは3種類です。それぞれの良さがありセレクトに悩みますがざっくり紹介します。

<VINTAGE>

洒落た感じのあるミニマルで都会的な柄の、日常的に使えるヴィンテージモデル。シンプルに、シャツを主役にしたコーディネートがおすすめです。

<VINTAGE CLASSIC>

細やかな刺繍や繊細な織り生地、控えめな色使いがオリアンらしいモデル。どこかドレッシーで上品な印象があり、ジャケパンに映えます。オールマイティな名バイプレーヤー。

<FLUID EVOLUTION>

訳すと「流れるような進化」形のシャツ。優れたストレッチ性を持つジャージ素材を使用した着心地の良さが特徴のモデル。シワにもなりにくいジャージー生地はゴワツキがなく、きめ細やかでさらりとした感触。落ち着いた印象はいわゆるジャージのシャツとは一線を画します。

先にあげた前立てのフレンチフロントに見られるように、ドレスシャツらしい雰囲気も兼ね備えているオリアンのシャツ。一枚で着て胸元あけて袖をまくってイタリアンカジュアルに寄せることもできれば、ボタンをしっかり留めてタイをしめてジャケットでも可能。シャツの個性よりも、それを着ている人の個性や感性がひきたち、大人の色気が漂います。

ちなみに...オリアンのシャツは弊店でも豊富に取扱いがございますのでよかったらご覧くださいませ。

-ブランド紹介

Copyright© 5分でわかるイタリア服 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.